東急住宅リース

研修とキャリ

Training and Carrier

東急住宅リース採用サイト > 研修とキャリア

教育研修制度

キャリアモデル

キャリアモデル:総合職
キャリアモデル:一般職

自己啓発と可能性を引き出すバックアップ体制

各階層ごとに業務範囲や求められる成果を明確化し、自分目指す姿や目標がはっきり見えるように、各ステージに合わせた指導方法や研修をご用意しています。

求められるスキル

リーダー層

  • 計数管理
  • 育成・指導
  • 計画
  • ファシリテーション
  • アカウンティング
  • ストレスマネジメント

マネジャー層

  • 戦略課題設定
  • 意思決定
  • 評価
  • チームビルディング
  • 交渉
  • ビジネスプラン
  • マーケティング

部長層

  • 戦略課題設定
  • コストマネジメント
  • アカウンティング
  • 評価

新入社員の研修について

新入社員の研修について

内定者研修
(内定後〜入社まで)

入社前に数回程度内定者研修を実施します。内定者同士の交流を深めることを主の目的とし、その他に当社の業務内容・基本的なマナー・社会人としての心構え等を学んで頂きます。また、宅地建物取引士の資格取得支援も行います。

新卒導入研修
(入社後〜4月中旬まで)

新入社員全体で、社会人への意識変革・ビジネスマナー・ビジネスシュミレーション等の研修を行います。基本的なパソコンスキルも身に着けて頂く研修も実施します。

OJT研修
(入社後1年間)

新入社員一人ひとりにOJTトレーナー(先輩社員)がつき、配属部署で実践的な研修を行います。OJTシート(進捗管理用)に基づき、1年間かけて実務を覚えて頂きます。

社内フォロー研修
(入社後1年間)

1年目の間は、定期的に社内研修を行い、同期との情報交換及びOJTシートの進捗確認を実施します。また、人事との個別面談も実施し、業務面・メンタル面ともにフォローを行います。

外部フォロー研修
(入社半年後)

研修会社によるフォロー研修を行います。OJTトレーナーとともに半年間を振り返り、進捗状況を確認します。同期やOJTトレーナーと受講することで、絆が深まります。

グループ新人合同研修
(1月〜2月頃:総合職のみ)

東急不動産ホールディングスグループの新入社員が合同で実施する研修です。グループ各社の同期と交流し、研修を通じて各社の業務内容を理解を図ることで、グループシナジーの向上を目的として実施します。

※2016年度の予定のため、変更になる可能性があります。

資格取得支援

宅地建物取引士・賃貸不動産経営管理士を中心に、各資格の応じて資格支援も用意しております。(資格に応じて支援の内容は異なります。)

推奨資格一覧

  • 宅地建物取引士
  • 賃貸不動産経営管理士
  • 不動産証券化協会認定マスター
  • 不動産コンサルティングマスター
  • マンションリフォームマネージャー
  • 管理業務主任者
  • 1級FP技能検定・CFP
  • 2級FP技能検定・AFP
  • 1級建築士
  • 2級建築士
  • マンション管理士
  • マンション維持修繕技術者
  • 1級建築施工管理技士
  • 2級建築施工管理技士
  • インテリアコーディネーター
  • インテリアプランナー
  • 宅地建物取引士
  • 賃貸不動産経営管理士
  • 不動産証券化協会認定マスター
  • 不動産コンサルティングマスター
  • マンションリフォームマネージャー
  • 管理業務主任者
  • 1級FP技能検定・CFP
  • 2級FP技能検定・AFP
  • 1級建築士
  • 2級建築士
  • マンション管理士
  • マンション維持修繕技術者
  • 1級建築施工管理技士
  • 2級建築施工管理技士
  • インテリアコーディネーター
  • インテリアプランナー

キャリアパスイメージ

管理職になるまでに、複数(できれば3つ程度)の業務分野を経験をしていただきます。但し、本人の適正や希望に応じて一つの業務に特化したキャリアから管理職に就くことも有り得ます。

キャリアパスイメージ

当社では、一般職から総合職、または総合職から一般職への転換を可能とする「職務転換制度」を設けています。自分のライフスタイルに合わせて職務転換制度を利用することで、常に働きやすい環境を作り出すことが可能です。(条件があります。)