2016年11月28日

一次相続と二次相続ってなに?

相続には「一次相続」と「二次相続」があります。あまり聞き慣れない言葉ですが、相続税対策のひとつのポイントとなります。相続が発生する前に、家族みんなが幸せになる相続と節税を考えるための知識として知っておきましょう。

一次相続と二次相続の違い

一次相続は両親のどちらからが亡くなって、配偶者と子供が相続人になる場合のことです。二次相続は、一次相続後に残された配偶者も亡くなった時の相続を指します。
一次相続で残された親の生活設計を考えること、二次相続は兄弟間などのトラブルが起こらないようにすることが大切です。また一次相続と二次相続は内容を理解して、別々のものと考えずにトータルでの検討をおすすめします。

一次相続は配偶者の税額軽減制度が利用できる

一次相続の特色は、大幅な税額の軽減や無税になる特典がある配偶者に対する優遇措置が使える点です。

配偶者の税額軽減措置

配偶者が相続する財産の課税価格が
1億6,000万円以下
取得財産の課税価格が
法定相続分以下

上記のいずれかに該当する場合、配偶者の税額軽減が適用され相続税がかかりません。ただし、相続税の申告書に必要書類を添えて提出しないと控除は適用されないので注意しましょう。

小規模宅地等の特例

少し言葉が難しく感じるかもしれませんが、自宅不動産の相続税評価額が減額になる制度です。亡くなった人が自宅として住んでいた宅地に相続人も同居していて、引き続き居住する場合、

一定面積以下なら、その土地の相続税評価額から最大80%を減額できる

特典です。つまり、相続財産が実際よりも少なく評価されるのです。
詳しくは「宅地の評価額が最大80%減額!「小規模宅地等の特例」」をご覧ください。

このふたつの優遇制度が利用できると、一次相続の税負担の軽減ができます。

二次相続は、相続税の負担が一次相続よりも重くなることに注意

一次相続と二次相続では以下が違ってきます。

  • 二次相続は相続人に配偶者がいないため、「配偶者の税額軽減措置」は利用できない
  • 相続人が1人減っているため、基礎控除額が600万円減少する
  • 子供が親と同居していなかった場合は、「小規模宅地等の特例」の適用が受けられない場合がある

このような理由から、二次相続は一次相続よりも相続税の負担が重くなります。また両親のいない二次相続では、兄弟間で遺産分割をめぐるトラブルが起きるケースが多くみられます。
一次相続で、残された配偶者が全財産を相続するのか、残された配偶者と子で財産を分割して相続しておいたほうがいいのか、一次相続の後に発生する二次相続の時のことも合わせて、両親が健在なうちに家族全員できちんと話し合っておくことをおすすめします。両親の気持ちを汲み、残された配偶者の残りの人生や相続人たちが幸せになる方法を考えたいものです。

相続した空家の悩みや不安はプロに相談