2016年10月01日

転勤による引越しが決まったら!1ヶ月前に準備することアレコレ

転勤による引越しが決まると、一気に忙しくなりますね。まず1ヶ月前にはやっておきたい項目をご紹介します。

1.現住居の退去を申告する(解約予告)

現在の住居が賃貸住宅の場合は、賃貸借契約書を確認して「解約予告」がいつまでになっているかを確認しましょう。解約予告申告期限が過ぎてから連絡した場合、1ヶ月分の家賃を請求されますので、注意してください。

2.引越し業者を検討

見積もりは複数の会社に依頼して比較検討するようにします。インターネットの一括見積もりサービスなどを積極的に利用して、転勤が決まったタイミングで自分にあったベストの引越しプランを探しましょう。

3.子どもの転校手続き(公立小中学校の場合)

引越しが決まったら、すぐ担任の先生に連絡します。連絡の後、学校から「在学証明書」と「教科用図書給与証明書」が発行されます。この時、先に「転学通知書」(役所に転出届けを出すと発行される書類)が必要な場合もありますから、お住まいの市町村に必ず確認してください。書類は転入先の手続きに必要になるため、荷物にまぎれないようにきちんと管理しましょう。

4.不用品(粗大ごみ)の手続き

大型の家具や家電を処分するか、リサイクルショップなどに持ち込むかは、時間に余裕をもって、早めに考えておきたいものです。粗大ごみとして処分する場合は、回収の申し込みや処分料など、各自治体に問い合わせてください。家電リサイクル法の対象家電(家庭用のエアコン、テレビ〈ブラウン管式、液晶・プラズマ式〉、電気冷蔵庫・電気冷凍庫・電気洗濯機・衣類乾燥機)は粗大ごみとして処分できません。別途、専門業者に引き取ってもらう必要があります。家電を購入した、または買い替えをする店に引き取りも依頼ができます。不用品は計画的に処分しておくと、引越し荷物の削減というメリットにもなります。

5.インターネットの契約手続きと工事予約

新居でインターネットを使いたい場合、開通に1ヶ月以上かかることがある点に注意しましょう。プロバイダーのホームページで早めの確認・相談がおすすめです。

6.固定電話の移転(NTT各社)

転勤先の新居で固定電話を使いたい場合、引越しの日時が決まったら早めに連絡をして工事を予約しましょう。契約変更の申し込みは、局番なしの「116」に電話、またはホームページで確認できます。

7.荷造り用品の準備

梱包資材の準備を引越し業者に依頼していない場合は、荷物を詰める段ボールなどの用意を始めましょう。緩衝材などに利用できる新聞紙や安いタオルは捨てずに集めておくと役立ちます。ひも・ガムテープ・はさみも早めに用意して、後で「足りない!」と慌てることがないようにすると安心です。

8.転居はがきの準備

お世話になった方などに失礼にならないよう、余裕のあるうちに準備をしておくと安心です。転勤が決まったら、すぐに準備しましょう。

9.すぐ使わないもの(季節もの・押し入れの奥のもの)の梱包

段ボールを手に入れたら、今は絶対に使わないもの(例えば押し入れの奥に入れたままになっているものやオフシーズンの服など)の梱包をスタートしておきましょう。

引越し1ヶ月前にやっておきたい主な項目をご紹介しました。引越し準備期間は時間がありそうでないものです。先手必勝で、早め早めの行動開始がスムーズな引越しのポイントです。

転勤による空家の悩みや不安はプロに相談