お悩み事例/ 空き家を貸したい(分譲マンション・戸建)

お悩み事例 ケース[2]

家を貸すのは初めてなので、
何もわからず不安です… 。 「しばらく東京を離れて、地方でロングステイすることに決めました。今住んでいるマンションを貸して賃料収入を得たいと考えているのですが、家を貸すのは初めてなので、どうすればいいのかさっぱりわからず途方に暮れています… …。」

本事例の要点
築15年の1DKのマンション
単身の女性
検討すべきことが多すぎて決めかねている
今後、対象のマンションには住まない
オーナー様のご要望
家を貸すのは初めてで、とにかく不安
数年後にご自宅に戻られる可能性がある
早く借り手を決めて賃料収入を確保したい
対応の流れ
  • ご相談
  • ご案内
  • 検討
  • (約4 週間)
  • 入居者決定
対応期間
4ヶ月
当社からのご提案

まずはオーナー様の不安解消に努めようと、下記のご説明をさせていただきました。

  • オーナー様に代わって当社が貸主となるので、オーナー様が直接、入居者と交渉する必要はないこと。
  • 入居者が賃料を滞納した場合でも、通常通りに当社から賃料が支払われるプランがあること。
  • 万一、約束の期限に明け渡しができない場合は、損害金の他に賃料1ヶ月相当額の金員が支払われること。
  • できるだけ安定した賃料収入をご提供するために、設備の修繕を無料で行う「フリーメンテナンスサービス(1回5万円まで)」があること。
  • 入居者が退去するまでがサービスに含まれており、写真を撮影するなどして退去時のトラブルを未然に防いでいること。
  • 5年間の 定期借家契約 をご提案
オーナー様から頂いたご感想
当社からのご説明で、オーナー様( 貸主)のご不安はおおむね解消されたようでした。特に、万一の場合の保証サービスの手厚さが、大きな安心材料になったとのことでした。
オーナー様からは「早くに借り手が見つかってよかった。いろいろと教えてくれてありがとう!」とのお言葉を頂きました。
同じようなお悩みを抱える方へ

定期借家契約の場合、なかなか借り手が見つからないとどんどん条件が悪くなってしまうため、早期に借り手を見つけることが大切です。本ケースの場合、賃料を抑えめにして、まず借り手を決めることを優先しました。
初めてご自宅を貸すときには、ご不安に思われることも多いと思います。当社は一つひとつのご質問にお答えし、オーナー様の不安解消に努めます。どんな些細なことでも構いませんのでお気軽にお尋ねください。 定期借家契約 についてはこちら

お悩み事例
よくあるご質問
転勤になったら
入居者募集も、東急住宅リースにお任せください。
無料! ご相談窓口 無料!賃料査定 ■お電話でのご相談は 0800-1001-109 受付時間 9:30~18:00 (定休日:水曜日・祝日)

Copyright ©Tokyu Housing Lease Corporation All Rights Reserved.

PAGE TOP