お悩み事例/ 空き家を貸したい(分譲マンション・戸建)

お悩み事例 ケース[4]

急に転勤が決まったので、
急いで貸す手続きをしたい。 「急に転勤が決まって、3週間後には海外に出発する予定です。転勤の期間中だけ、今住んでいるマンションを賃貸に出したいと考えています。引っ越しの準備で何かと忙しいのですが、自宅を貸すための手続きには時間がかかりますか?」

本事例の要点
3週間後に海外へご転勤予定
単身の男性
2LDKのマンション
オーナー様のご要望
転勤している間だけ賃貸に出したい
帰任時にまた自宅に戻れるようにしておきたい
対応の流れ
  • 相談
  • ご自宅の状態を確認
  • 契約パターンのご提案
  • 条件決定
  • (翌日)
  • 募集開始
  • 入居者決定
  • 赴任
対応期間
2ヶ月
当社からのご提案
  • 2つの契約パターンのご提示

    〈1〉赴任期間が短かった場合を想定して2年間の定期借家契約にし、短い契約期間によって対象者を狭めてしまう代わりに、賃料を低めに設定することパターン。
  •  

    〈2〉住宅ローンとのバランスを考慮して賃料を少し高めに設定し、その代わりに契約期間を4年程度の長めに設定することで募集条件を緩和するパターン。
  • 内装の化粧直しと設備の修繕のみの小規模なリフォーム
  • 同条件による過去事例のご紹介
オーナー様から頂いたご感想
「2年という短期の条件で本当に入居者が見つかるのか」と不安に感じておられたオーナー様でしたが、「こんなに早く入居者を見つけてくれてありがとう」というお言葉を頂きました。築年数が新しく、立地が良かったことに加え、入居者が見つかりやすいように賃料を低めに設定したことも奏功しました。
同じようなお悩みを抱える方へ

転勤などを控えてお忙しいお客様には、スピーディに対応させていただきます。
ご出発日までに借り手が決まらなかった場合は、当社がご自宅の鍵をお預かりし、引き続き募集管理を行いますのでご安心ください。 個人向けリロケーション についてはこちら

お悩み事例
よくあるご質問
転勤になったら
入居者募集も、東急住宅リースにお任せください。
無料! ご相談窓口 無料!賃料査定 ■お電話でのご相談は 0800-1001-109 受付時間 9:30~18:00 (定休日:水曜日・祝日)

Copyright ©Tokyu Housing Lease Corporation All Rights Reserved.

PAGE TOP