Case7

定期借家と普通借家、どちらで貸せばいいでしょうか?

「地方への転勤が決まったため、現在住んでいる3LDKのマンションを賃貸するつもりです。ローンがまだ残っているので、できるだけ高い賃料で貸せれば嬉しいです。赴任期間は未定なのですが、定期借家契約と普通借家契約、どちらで貸せばいいでしょうか?」

本事例の要点

  • 地方に転勤されるという30代のご夫婦
  • 赴任期間は未定

オーナー様の要望

  • 帰任されたときのことを考えて、どちらかといえば定期借家契約 での賃貸をお考え
  • 住宅ローンの支払いが残っているため、賃料はどうにか確保し、できるだけ高く設定したい

対応の流れ

ご相談 ご説明 条件設定 募集開始 条件見直し(すぐ) 入居者決定
※ 小学生のお子様がいらっしゃるご家族

対応期間

  • 3ヶ月

当社からのご提案

条件見直し時に2 つのパターンをご提案

〈1〉定期借家契約 のままで賃料を下げる → 賃料収入は減ってしまいますが、確実に3年で明け渡してもらえるというメリットがあります。

〈2〉普通借家契約 に変更し、希望の賃料を確保 →こちらの場合、帰任したときに別の物件を借りなければなりませんが、定期 借家契約より高い賃料に設定することも可能になります。

オーナー様から頂いたご感想

オーナー様からは、「結果的に希望以上の賃料収入を得ることができて大満足」と喜んでいただけました。

同じようなお悩みを抱える方へ

当初条件は「3年間の定期借家契約」でしたが、3年間という期限のわりに賃料が高かったことで残念ながらなかなか申し込みはありませんでした。お子様がいらっしゃるご家庭では就学の問題があるため、家賃が割高になっても普通借家契約の物件をご希望される方が多いです。
残念ながらすべての条件が叶わないときは、「これだけは譲れない」という条件だけを抑えて、ほかの条件を見直すことでご希望がかなう場合があります。定期借家か普通借家かでお悩みの方には、条件の優先度に応じた選択肢をご提案させていただきます。

個人向けリロケーション についてはこちら

普通借家契約 についてはこちら

転勤時のお役立ち情報

ご相談・賃料査定はお気軽にご連絡ください。

お電話でのご相談

フリーコール 0800-1001-109

受付時間 9:30~18:00(定休日:水曜日・祝日)