Case7

定期借家と普通借家、どちらで貸せばいいでしょうか?

「地方への転勤が決まったため、現在住んでいる3LDKのマンションを賃貸するつもりです。ローンがまだ残っているので、できるだけ高い賃料で貸せれば嬉しいです。赴任期間は未定なのですが、定期借家契約と普通借家契約、どちらで貸せばいいでしょうか?」

本事例の要点

  • 地方に転勤されるという30代のご夫婦
  • 赴任期間は未定

オーナー様の要望

  • 帰任されたときのことを考えて、どちらかといえば定期借家契約 での賃貸をお考え
  • 住宅ローンの支払いが残っているため、賃料はどうにか確保し、できるだけ高く設定したい

対応の流れ

ご相談 ご説明 条件設定 募集開始 条件見直し(すぐ) 入居者決定
※ 小学生のお子様がいらっしゃるご家族

対応期間

  • 3ヶ月

当社からのご提案

条件見直し時に2 つのパターンをご提案

〈1〉定期借家契約 のままで賃料を下げる → 賃料収入は減ってしまいますが、確実に3年で明け渡してもらえるというメリットがあります。

〈2〉普通借家契約 に変更し、希望の賃料を確保 →こちらの場合、帰任したときに別の物件を借りなければなりませんが、定期 借家契約より高い賃料に設定することも可能になります。

転勤時のお役立ち情報

ご相談・賃料査定はお気軽にご連絡ください。

お電話でのご相談

フリーコール 0800-1001-109

受付時間 9:30~18:00(定休日:水曜日・祝日)