エアコンのお手入れ・試運転方法

夏本番にてシーズンの1ヶ月前にはエアコンの試運転とフィルターの掃除をお願いいたします。
外気温度が比較的低い5月~6月前半に行うことがポイントです。

エアコンの試運転方法
①運転モードを「冷房」にして、温度を最低温度(1618)に設定し、その後10分程度運転させ
②冷風がきちんと出ているか、異常を示すランプが点滅していないか確認する
③さらに30分程度を目安に運転させ、室内機から水漏れがないか確認する
④異臭や異音がしないか確認する
⑤室外機が草や布などで覆われていないか、確認する

フィルターの掃除
エアコンからフィルターを外して掃除機で汚れをとり必要に応じて洗剤等を使用し水洗いで清掃しましょう、冷暖房効率が向上します。
エアコンのフィルターは埃がたまりやすく目詰まりが原因でエアコン本体が故障することもあります。
こまめにフィルターを掃除機を使用してお手入れいただけますようお願いします。

エアコン故障の原因が清掃不足等の過失の理由である場合には、入居者の善管注意義務違反に該当するとみなされ
入居者様に修理費用をご負担いただく場合があります、ご注意ください。 

エアコンの電源が入らないと思ったらリモコンの電池切れだった、コンセントから電源が抜けていた、冷房モードにしていなかった、
などの理由であると簡単に解決ができます。
修理のご依頼をされる前に一度お試しいただけますようお願いします。

関連 FAQ → エアコンが動かない、効きがわるい

修理が必要な場合には、修理受付センター(フリーダイヤル)まで直接ご連絡をお願いします。
窓口の連絡先は契約時にお渡ししています【入居中のお問い合わせ】【入居のしおり】等にございますのでご確認ください。

カテゴリ:

  1. 入居者の方
  2. お住まいのルール&マナー・日常のお手入れ
  3. 日常のお手入れ方法・ セルフメンテナンスガイド