リモコンの故障・エアコンの応急運転について

リモコンが故障などで使えないときには、エアコン本体の応急運転スイッチで、「応急運転」ができます。

「応急運転」をする
  →エアコンの停止中に「応急運転スイッチ」を押します。
「応急運転」を停止する
   →エアコンの運転中に「応急運転スイッチ」を押します。

* 応急運転は、エアコンが自動的に温度などを設定する運転になり、細かい温度調整等はできません。

*応急運転スイッチの位置や形状は、エアコンの機種によって異なりますので、お使いのエアコンの取扱説明書をご確認ください。

「強制冷房運転」
 強制冷房運転になりますので、5秒以上応急運転スイッチを押し続けないでください。。
 
 強制冷房運転は、本来エアコンの保守、メンテナンスや取り外し工事の際、冷媒ガスをポンプダウンするために
 強制的に強冷房で運転させる運転です。
 機器に無理が掛かりますので、長時間の運転はお控えください。
 
 応急運転スイッチをもう一度押すと、強制冷房運転は停止できます。
 
 

カテゴリ:

  1. 入居者の方
  2. 設備機器のトラブル対処法・まず確認できること
  3. エアコン