消火器・火災報知機・防火戸の使用方法

日ごろから非常用設備(消火器、火災報知機、防火戸)の設置場所とその使用方法を確認して覚えておきましょう。
消火器の使い方は以下となります。

①安全ピンを引き抜く
②ホースをホルダーから外し先端を持って射出口を火元に向ける
③本体上部レバーを強く握ぎり消火剤を放射させる
(注意:火の高さが天井まで届いている場合は迷わず速やかに避難してください)

・室内に設置されている火災警報器は自動で119番に通報する機能はありません、必要に応じてご自身で通報してください。
・住宅用火災警報器は製品寿命は約10年です、定期的に点検をして作動を確認してください。
・防火戸は火災発生時に自動的に閉まり延焼を防ぎます、閉まっている際の開け方を確認しておきましょう。

カテゴリ:

  1. ご入居者の方
  2. 防災・防犯ガイド
  3. 防災/防犯ガイド